ETHREEM(エスリーム)|P!NTO CHAIR(ピントチェア)

ETHREEM
シーティングデザインとは

環境と人との関わりを支え動きを導く

適切に活動を行うことが可能な姿勢を作ることをポジショニング、それを座位において行うことをシーティングという。そしてそれを持続して可能にする接触面のデザインのことをシーティングデザインと呼ぶ。地面と人をつなぐ椅子の表面であり、環境と人との関わりを支え動きを導く接触面のデザイン。シーティングデザイナー野村は、その表面形状によって生活の質が大きく変わることを、重い障がいを持つ方々のオーダーメイドの椅子づくりを通して気づき、痛みを軽減し、呼吸を深くして、機能的に動くことを助ける独自のエスリーム技術を用い、障がいの有無を超えて、生活を快適にするためのシート作りを行っている。常に動きを伴って生きる人の体を、とどめるのではなく流れるように支える形状を特徴とするデザインである。

野村寿子

心地よさから生まれる元気を体から作っていく

16年間オーダーメイドの椅子を作り続けてわかったことは椅子は居場所だということです。
そしてその座り心地によって生活の質が大きく変わるということを知りました。
「心地よさから生まれる元気を体から作っていく」
私は日々そういう椅子づくりをしています。
楽しい気分の時も、ホッとした時も、悔しくて泣きたい時も、イライラした時も…
作りたいのは、いつも「大丈夫」って語りかけてくれる居場所です。
足~お尻~骨盤~肋骨~肩甲骨~頭の支えに至るまで、
体の重いところを体の形状のまま支え 重力の通り道を作り、ひとつのところに重みをとどめないという技法
それは、年間300件を超えるオーダーメイドの椅子を作り続けてきた実績と経験によって導き出されたお尻のずれないリクライニング構造です。
作品が一つ増えるたびに新たな心地よさが積み重なっていきます。
オーダーメイド感覚でお好みの角度や高さを調整できるピントチェアリビング。
疲れた体をリセットしてまた元気に動き出すための場所として是非お役立てください。

野村寿子

作業療法士/シーティングデザイナー
野村 寿子氏 – Hisako Nomura–

作業療法士歴32年。年間300件を超える採型を行い、1万人以上の姿勢に関する相談や、様々な姿勢に関する悩みを解決。5年間で累計17万台販売のp!ntoをはじめすべてのピントシリーズをデザイン。著書、講演なども多数。BSフジ「一滴の向こう側」出演。

エスリーム技術とは

長年の経験と知識に裏付けられた特別な採型

快適な姿勢定位の場は基本的な解剖学・運動学の考え方にのっとって作り上げていく。呼吸がより深く楽にできる位置に肋骨を配置し、腹筋が機能的に働きやすい長さを保てるように、座と背の角度を決める。重力をとどめず、最も体を軽く支えることができる位置に土台となる骨盤を保つことのできる3次元の支持面を作り、さらに股関節の可動性を確認しながら大腿骨の方向を決める。不安定な肩甲骨に落ち着く面を提供し、肩甲骨と鎖骨の関係をバランスよく保つことができる機能的な位置に上腕骨を配置する。 人の体に直接触れ、対話するように確かめながら体の流れを作り上げる、他に類を見ない職人技である。

  • 何度も体を持ち上げながら重心の位置を探し出す技法

  • 筋肉や皮膚の緊張を感じ取りながら姿勢を整える技法

  • 骨や関節を直接触って動きを確かめながら最適な位置を見つける技法

  • 腹部の筋肉の動きを確かめながら肋骨の置き場所を作る技術

エスリーム技術の特徴

動きの中で姿勢をとらえる

エスリーム技術において、姿勢は固定的なものではなく「動きの中にあるもの」と、とらえる。たとえば「食べ物を見て手を伸ばし、器を持ち、箸を使って食べる」という一連の食事動作の中で私たちは姿勢を機能的に保ち続けなければならない。エスリーム技術によって作り上げられた形状は人の体に ①運動のスタートの位置②動き出す方向③戻る方向④休む場所 を気づかせ、連続した機能的な運動を可能にする。さらにエスリームの形状は、生活動作の補助となる支えと、活動を妨げないという特徴を備えている。運転の時、ハンドル操作の負担を軽減する肩甲骨の支え、リビングで新聞を読むときに最適な腕の位置を確保するサイドラインや、活動時も過度に緊張することなく安定した呼吸を保つことを助ける肋骨の支え等。人の体と生活を快適に繋ぐことを生業とする作業療法士の発想から生まれた技術である。

エスリーム技術採用の座位保持装置を使用した際の座圧の比較
(使用時:右)

シーティングシステムメーカー 株式会社ピーエーエス

採型技術を最大に生かす

とても丁寧に作り上げられた採型形状を最新のスキャナー技術で高精度のデータに置き換え、ウレタンの切削、フレーム作りから縫製に至るまで自社で行い、年間300件以上のオーダーメイドのシーティング製品を作っている。「人が気づいて動いて元気になるところを作りたい」という願いを表現したP.A.S.= Perception and Action Spaceという社名のとおり、障がいのある方と共に過ごすことによって気づいたたくさんの心地よさの本質を形にして、障がいの有無を超えてより多くの方々に「心地よさから生まれる元気のシステム」としてお届けしたいと考えている。

株式会社ピーエーエス
– 大阪府箕面市 –

ピーエーエスは、作業療法士による豊富で最高峰の経験と知識に基づいて実現される、障がいを持つ人たちのためのハイクオリティな補助・リハビリテーション器具とシーティングシステム、あらゆる人たちのためのクッションや椅子、シーティングシステムを製造する専門メーカーです。

Brands
  • 現在取り扱っておりません

  • 現在取り扱っておりません

  • 現在取り扱っておりません

  • 発売予定

  • 発売予定